匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

久しぶりのちるみゅー

自分の子供をダシに使って、
環境学習のネタにならないかと思って、8/20、27の二週連続の日曜日、サウンドウッズさんのイベントに参加してみました。

http://www.soundwoods.net/sss-sasayamaivent20170820-27.jpg

 

間伐材で小学生が何か作れないかと思ってたところ、「ベンチをつくる」というところにひっかかったわけです。

ところがどっこい、ベンチ自体、材料から加工からプロの方々の試行錯誤の結果考えられてるので、道具の準備も含めて簡単にはコピーするのは難しそうでした。

↓完成したうちの家族のベンチ。結構重い。

f:id:haruchin-puripuri:20170828225504j:plain
座面が傾いてるかもしれないけど、奇跡的にがたつきはない...結果が良ければ父ちゃんもよし。

  

プログラムの流れはザクッと次のとおり。

1日目は篠山市の大上地区で間伐体験。プラス地域振興・里山問題のお勉強

2日目は篠山チルドレンズミュージアムでベンチづくり。

両日とも朝から4時くらいまでかかりました。

親子とも結構疲れましたが、おいしいお昼ごはんとおみやげのおかげで満足です。

↓1日目、地元の人が作ってくれた「とうふめし(とふめし?)」のお弁当

f:id:haruchin-puripuri:20170828230925j:plain

 

↓2日目の自分たちで握ったおにぎり。冷や汁もおいしかった。

f:id:haruchin-puripuri:20170828231152j:plain

 

小難しい「森林の役割は~」とかいうより、体験として樹木や木に触れてもらってその感覚を持ち帰ってもらうことの方が大事なんじゃないかと思ったり。
人によるかもしれないですが、作業中は結構一心不乱になる時間もあるし、モノ作るのってホント楽しい。

ベンチの座面は自分で伐った木じゃなかったけど、足は自分たちで伐ったもの。
ヒサカキの材が結構緻密で仕上がりがきれいなのは自分的に新発見。

f:id:haruchin-puripuri:20170828230737j:plain

 

 

↓仮面ライダーみたいなイナゴもいた。

f:id:haruchin-puripuri:20170828232111j:plain

 

下の子が小さいときに来たちるみゅーは今回で2回目。
暑かったけど、お土産がいっぱいで楽しかった。天気も最高だったし。

f:id:haruchin-puripuri:20170828233625j:plain