匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

マンガ読みてえ

一人で休日出勤してると気がめいる。

なんか無性にマンガ読みたくなった。

 

↓読みたかったのはこれら

電波オデッセイ(3)(完) (fukkan.com)

電波オデッセイ(3)(完) (fukkan.com)

 

GOD SAVE THE すげこまくんで有名な?永野のりこさんの作品。永野作品らしい、イマジナリーなお友達が出てくる電波な設定です。
永野作品じゃなければアレな表紙に騙されてまず買わない部類ですが、いじめや虐待など、著者の人生経験から来てるのかとってもヘビーな展開にもかかわらずその状況を笑いにかえる、ある意味マインドフルネスなマンガだと思う。子供をかわいいと思うことで親が救われる・許されるなんてことがあるのかよくわからんかったけど、親になってそういう気持ちも分かるようになりました。出てくる関係者ができる限り救われていくという、自分的には「3月のライオン」に近い効果を持つ、心が折れそうなときに読みたくなるマンガです。

 

 

蒼き鋼のアルペジオ 13巻 (ヤングキングコミックス)

蒼き鋼のアルペジオ 13巻 (ヤングキングコミックス)

 

 SFマンガが好きなんですが、絵もきれいで、圧倒的な力の差を知恵と勇気でひっくり返す展開も好き。

 

 

銃夢(8)

銃夢(8)

 

 SF格闘マンガ。学生のころから読んでて、現在も続編がイブニングで連載中。
ナノマシンとかマンガでやりだしたのはこの作品が最初じゃないかと思う。そのほかスカラー兵器、大列車砲、ソケット兵などよそで見たことない代物が満載。
でも売りはそういう小道具じゃなくて主人公を含む人間のドラマで、最初のシリーズ終盤、主人公をコピーした戦闘アンドロイドに、超凹むイベント直後のメンタルだだ下がりの主人公が負けそうになるところとか、マッドな科学者の罠・対自核夢を根性というか意思で破るところとか、夢中になりました。つらい状況でも、もう一歩踏み込むとか、やっぱり心が折れそうなときに読みたくなる。

やっぱり今しんどいんだろうな、自分。