読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

改めてデータモデルが必要な気がする

GIS・GPS

事業体さん向けのGIS勉強会をやってるんですが、
やっぱり、スタンダードなデータモデルをきちんと作っとく必要があると思う。

どう使うからどう作るかを一から議論するのは無駄が多い。
標準化をするべきとは思うけど、いかんせんデータベースに対する理解が不十分でうまくモデル化できずにいる。

「森林GIS」なんていったところで事実上実態がない気がしてて、
単に「GISを森林分野で使ってます」ってだけだと思う。

昨日見に行った空間情報シンポジウムでは、JR西日本の取り組みでは空間情報技術を活用して新しい鉄道システム・新しい鉄道サービスの創造、なんていう展望が示されてた。一企業の発表だけど、巨大企業がやるとこういう話が描けるのかと感心してた。

誰もあてにできないのなら、自分で一から考えてみるしかない。

データモデルの構築の話はあまり教科書的なものはない。
データベースの教科書読んで正規化とかER図でデータをモデル化することはできても、そのルールに乗せる中身をどう盛るかが決めきれていない。

森林簿的なデータと森林経営計画のデータは同じにはできない気がする。
かといってまったく別の内容でもない。
どう作るのが一番いいのかまだまだ先が見えない気がする。