読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

造林の検査要領

ツツジも咲き出すほどの陽気なのに、
まったく余裕がなくてイヤになる。

熊本県大分県の方々には何と言っていいのやら。
あんなに頻繁にきたらどれが余震かもわからんし、
家の状態が半壊とかならおちおち寝てられない。
九州の地下では何が起こってるのやら?
南トラもかなり近づいてるのかも。

造林の検査要領で現場写真にGPSで位置情報をつけろって話になるらしい。
いつも林野のGPSの記述にはあいまいさがつきまとう。
あまりGPSのことが分かってない人がつくってるのかも。
とにかく具体的な作業手順に落とし込めない話が多い。

GPSで」取得した位置情報とといっても緯度経度のデータだけだと、GISでひろってつけることもできます。
また画像データに位置情報が添付されていることを確認するには、データを見せてもらうもしくは提出してもらうことになります。
いまだにフィルムカメラで写真を管理してる事業体はどうするのか。
だいたい、GPS付きデジカメだって、いつでもシャッターきれば位置情報がつけられるわけじゃない。

具体的な作業手順を示さないと、
実現するための機器選定や検査の際の提出物や確認の手順が各県の対応がバラバラで余計混乱すると思う。
きちんと、「なぜGPSを使う必要があるのか」
GPSを使ってどう現場写真を記録するのか」
GPSが捕捉できてないあるいは位置精度が悪い時はどうするのか」
GPSでとった位置情報であることを証するものは不要か」
「撮影位置を落とした位置図は不要か」
といったことを説明してもらわないと、趣旨を踏まえた「あるべき姿」が理解されずに、
「なんかわからんけどやりゃいいんだろやりゃあ」的な対応になって、
結局またダメ出ししないといけないことになると思う。

たぶん某事業体での件がきっかけだと思いますが、
とにかく造林補助金の関係は補助金額に対する検査コストが異常に高いような気がする。
工事の完了検査だと、段階確認なと途中途中での確認もあるけど、
数千万円の工事でも完了検査に検査職員2人で何日もかけることはないだろう。
同じ金額を執行するのでも昔に比べてかなり手間がかかるようになっている気がするし、
逆に人員は減らされているから、担当者の年度末の苦労は相当なもんだ。

今回の改正で単なる抽出検査ではなく、
全個所GPSで時間も場所も記録写真で確認できればある意味全個所検査に近い感覚で
成果品の中で確認できれば相当違うのかもしれないが、
どこまで行っても事業体との信頼関係が大事なのは変わらないんだろう。

四の五の言ってても仕方ないので、
事業体への利用方法の指導も考えて、市場で出回ってる製品でお手軽に使えそうなものを探してみた。

オリンパスのこれ↓(TG-4)が使えそう。
https://olympus-imaging.jp/product/compact/tg4/feature4.html

スペックだけ見た感想としては、
カメラ使わない時もGPSロガーとして一定間隔で捕捉してくれるし、
グロナス、QZSS(多分補完信号だけ?)もひろえるのでGPSだけよりは使えそう。

また事前にエフェメリスをPCから転送しておけるので捕捉時間が短縮できそう。
肝心のカメラとしても、防水タイプのわりに広角まで対応してるのと、レンズが明るいので、
暗い林内での標準地プロットの撮影でも使えそう。

とはいえ、GPSロガーとして使ったときの電池の持ちも、実際のGPSの捕捉の具合も試してみないとわからない。
とりあえず1台買うべく、ただいま本体、予備電池、充電器とあわせて見積もり中。

うまく作業フローが構築できそうなら、
検査方法に合わせて成果品の作り方も事業体と話しながら検討していきたい。

またまた追記。
TG-4のロガー機能で記録されるトラックデータの形式がNMEA形式らしい。
またそんなマニアックなファイル形式を採用したのはどんなお人か知りませんが、
GPSの衛星ナンバーやDOPが記録されるので、「GPSでとった位置情報です!」っていうのが分かりやすいので、私個人はありがたい、と思ってしまう。
どんなGNSSチップを採用しているかもオリンパスさんに聞いてるところ。←これは結局教えていただけませんでした。
SiRFのチップだといいのにな。