匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

Oracleって天啓って意味でしたかね

林業事業体が使ってる取引情報を管理するソフトで、
データをCSVとかエクセル形式で吐き出せないっていうことで長いことお困りだったそうです。

ちょっといじらせてもらったら中でOracle様が動いてることがわかりました。
ちょっとググると、バックアップファイルであるDMPファイルをエクセル等に変換できるフリーのツールがあることもわかり、
ソフト上で動的に生成する帳票以外はエクセルで吐き出せるように手操作手順もマニュアル化しました。
使ったソフト↓
http://atata.sakura.ne.jp/exde/
ググると上位に来るやつもあるんですが、出力できるレコード数の制限が少ないのでコレ使いました。
ビューワだったらもっとよかったんですが、DMPファイルをさらにコピーして使うようにマニュアル書いたので、
壊しても復元できるからまぁいいかと思いました。
調べてみたらDB/2とか業務用のDBからのエクスポートに関するツールや情報もいろいろあるんですね。
っていうか標準のツールで簡単にできるようになってないのか?と疑問に思うくらいたくさんの情報が。
不思議。

こういう仕事ばかりだといいのになぁとしみじみ思いました。
これが天啓なのかもしれないなと思ったり。