匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

QGIS→イラレはQGISからPDFでエクスポートが楽でいい

集約化団地の資料作るのに、
GISだけじゃ装飾が弱いので慣れたイラレを使ってる。

QGIS2.8.2のコンポーザからAdobeAcrobatで印刷かけてできたPDFでは、
せっかくのベクター地形図もラスター化されて駄目です。
Acrobatに渡す前に印刷イメージをラスター化してるのかも。

で、コンポーザからPDF形式に直接エクスポートするのが結構使えて便利です。
全部のベクターデータがそのままイラレで編集できます。
今までArc→Acrobatが多かったのであまり試してない機能でした。

楽でいい、っつっても大量にあると面倒です。
ただいま作業中。

なんか時間がなくてじっくりはやってないんですが、
向かいに座ってる人がGISの地形図をAutoCAD LTで使いたいとのことで、
ArcViewでいろいろされてました。

うまくいってないようでしたので
QGISのプリントコンポーザから必要な範囲をPDFにして
イラレCS5でDXFとかDWGに変換して渡してあげたら
スッと読めたようでした。

QGISからもDXFに変換できるようですが、
なかなか処理がおわらなかったので中断して上記の方法でやりました。

また時間があるときにもう少し腰据えていじってみよう。