読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

匍匐前進日記

行政職で森林・林業にかかわってます。浅いIT知識(趣味の範囲)を使って楽しようと思ってます。So-netから移行してきました(20160620)。移行前のは20100107~。記事は時々加筆修正することがあります。

FOSS4G 2014 Osaka ハンズオンデイ(Geopaparazzi)

FOSS4G 2014 Osakaのハンズオンに参加しました。
Geopaparazzi用の自作データの作り方を開発チームのAndrea AntonelloさんとFranceschi Silviaさんに教わりました。
(かなりゆっくりしゃべってもらいましたが、OSGeo財団日本支部のみなさんに日本語で解説してもらいました)

Geopaparazzi用の自作データの作成手順+フィールド調査+調査結果のShape変換について教わりました。

FOSS4G 2014 HiroshimaのSlideShareのデータとか事前に読んどいたのですが、
自作データの作成には「STAGE」というそれまで聞いたことないツールを使いました。
http://jgrasstechtips.blogspot.jp/2014/08/stage-desktop-tools-also-for.html
http://www.youtube.com/watch?v=9xo1lV0EE0o

事前にosgeo4wのエクスプレス(デスクトップ)インストールを指示されてましたが、
インストールされるソフトウェア群のうち、uDigの機能を使っているようです。

フォルダ名やファイル名はいうに及ばず、
ユーザー名にも日本語使ってるとうまく動きませんでした。
(uDigのツールがユーザーのディレクトリを使うため)

家でやり直し中。

ところで、フィールドワークの帰りに、
OSGeo.jpのかたから「次のAndroidの4.5では外部接続のGPSが使えるようになる」
との話を聞きました。これまた期待が高まりますよ。 

 

ハンズオンでも質問したのですが、
STAGEではGeotiffやshapeファイルを変換できます。
shapeファイルについては5つまで同時に変換できるのですが、
スクリプトを書いたらもっと5つ以上読み込めるようになるそうです。
私的にはスクリプトが書けないので、
shapeファイルの統合で乗り切りたいところです。 

さらに追記。
STAGEの入手方法がググってもそれらしいのがない。
(ハンズオンではUSBメモリからコピーさせてもらったのですが)
配布のレジメ(全部英語)をよく見るとそっちに書いてありました。
同じものがアップされてた↓。
http://sssslide.com/www.slideshare.net/silli/2014-10-27foss4gosakageopapworkshop
↑スライドの最終ページに、
http://bit.ly/stage_downloads
とあります。このリンク、GoogleDriveです。
ダウンロードするファイルはスライドの34ページを見てください。